FC2ブログ


ナツキの出逢い系├┤BLOG
├┤な童貞大好きなナツキBLOGッッ!!エッチな写メもたくさん載せちゃうから\r\n見に来てねッッv(*\'-^*)ゞ・\'♪


プロフィール


ナツキですッッ★

Author:ナツキですッッ★
エッチなナツキんのBlog だよ!!
特に童貞君が好ッッ♪
色んなエッチー画像も貼りまぁす★
キャッ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚キャッ!



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (23)
<!-- FC2カウンター ここから --> (1)


FC2カウンター




検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.09.21  【大きい...オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w 】


おはyoーーー..Σヾ(;☆ω☆)★

b65bbac8-s.gif

シルバーウィーク最高!!
今までグータラしてましたぁ!!!!

今日は以前のタイプの童貞君とのお話を告白ッッ
おめかししちゃって初デート行くような感覚で待ち合わせ場所にいきましたぁ

すると彼はもう到着しててキョロキョロしてる様子!!
かわいい----ッッ
しかも、実物の方がイケてる?


私:「あの?、M君ですよね?初めましてぇ♪
彼:「あッッ! 初めましてッ、そうです!Σ(・oノ)ノ 」
私:「近くのラブホ早速行く?」
彼:「はい!!ヨロシクお願いします!!!」
楽しく色々話しながら、ラブホに到着!!

「本当に、始めてなの?」と聞くと、
実は、昔1人だけ付き合った事があるらしく、
その子とそーゆー事になった時に包茎がイヤだってなって
下半身を見た瞬間にエッチもせずその場で振られたという
悲惨な過去話を告白してくれました!!
相当気まずい思いをしてしまった彼はそれ以来好きな人が出来ても
諦めていたらしい...
かわいそうすぎ----!!

「その彼女マジ最低だねッ!」と私は慰め、
「私包茎でもシャワーなしでエッチ出来るよ!今日シャワー浴びなくてもいいよ!!」
彼:「さすがに僕が気にするので入って来ます!!」といって彼は先にシャワーを浴びる事に!!

次に私がお風呂から出ると彼は電気をいい感じにセットしていました!!
笑いそうになったけど、ムードを壊す訳には行けないと思い、我慢。我慢!!

私:「キスしていい?」

彼:「はい。」
私はとってもCUTEで素敵な彼にメロメロ!!
優しくキスをしていると私の体を包み込む用にぎこちなくギュッと抱いてくれました!!
カワイイ----━━(*´∀`*b)━━!!!
何か幸せッ

私は彼の乳首をコリコリし始めると彼は腕に力が入り、キスがデープに!!
そのまま私の手は問題の下半身へ!!
すると、(えッッ!! 大きすぎる...)

肉眼で確認しようと、体制を変えて、フェラ体制へすると、
彼は「あ”!!!電気真っ暗にしていいですか?」
:「気にし過ぎだよ!!」
といいそのまま嫌がる彼に無理矢理のフェラ!!
(超!!BIGッッだから皮がうまく捲れないのかぁ!!!)
と思いながら、

パクッッ!! 
上下にジュポジュポッッ....
イヤがって体に力をいれていた彼の体から一気に力が抜けました!!
「痛くない??大きいから歯が当たっちゃいそう....」

ジュポジュポッッ....

ジュポジュポッッ....
「アッ」と彼が感じる様に声を出し始め、その瞬間、
テンションの上がってしまった私は彼の上にまがり彼に濃厚デープ!!!

彼は驚いた感じ..でもまんざらでもなさげ!!
そのテンションに彼も参加してくれて、
彼のエッチスイッチもON!!

彼は私をまたギュッとしたと思ったら、そのままコロンと私を下にし、
彼は上に!
私の胸を舐め、下半身に指を持って行き、
グチュッッ・・・
「アッ....(* ´Д゜*)」
「最高に体エロです!!」
と言われ、M字開脚されクンニ!!

「あッッ?気持ちいい--ッッ....」ヌルヌルした感覚とぎこちないけど優しい感じの彼の舌が最高ッッ!!
気持ち良すぎて足がガクガクになって来て、
私は「もう我慢できない・・・大きなオチ○チンいれてほしい?」といってコンドームも付けず
に私はマタ彼の上にまたがり、「いれちゃってもいい?」
というと「うん。」

ジュポッッ....
入れた瞬間に私はイッちゃいそうなりました!!
大きくて奥まで刺激してくるオチ○チンをさらに奥まで届く様に、
私は彼の上から何度もジュポッッ....
ジュポッッ....  ジュポッッ....

彼:「アッ!!!!僕イキそうです!止めて下さい!!!」
いったん肉棒をハズして、69に切り替えッッ!!
(気持ちいいー!!イキそう....)
彼のアソコもギンギンに固まり、血管がくっきり.....

イッッちゃわないように、少しペースを落として、
また、挿入!!
今度は騎乗位!!!

グチュッグチュッグチュッグチュッグチュッグチュッ.....

気持ち良すぎて私も彼もスグにイキそうに!!
汗かいてる彼格好いい!!!
歳下には見えないたくましげな顔にうっとりしていると、
彼:「もう限界...」

ビチャッッ..... 終了ッッ!!!

店長を超えました!!
今度は私の家に来てくれるという約束を
しちゃいました

マタスグにでも逢いたいぃーーーヽ(´Д`ヽ)
ッテカンジです!!!

おしまあーーい!!



スポンサーサイト
[PR]

[PR]



No.22 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 【今日の夜にタイプの童貞君と..】 / Home / 【酔っぱらったバカリに!!やりたい放題...】 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。